ナノテク・ナノマシンで医学進歩 | 不治の病もナノテクで解決する日がくるかも・・・

不治の病もナノテクで解決する日がくるかも・・・

相模原の鍵屋で合鍵を作ってもらったのは

先日墓参りもかねて実家に帰ってきました。
久しぶりに実家に帰ったらリフォームしていてバリアフリーになっていました。
防犯のため鍵も交換したそうで、
相模原の鍵屋で合鍵を作ってきてほしいと頼まれたので行ってきました。
実家に何かあったときのために離れて暮らす家族も実家の合鍵を持つようにしているのですが、
どこの家でもそうなんしょうかね。
ちょうど医学系雑誌の発売日だったので本屋にもよってきました。
暇つぶしにちょうどいいです。

マニアックな何でも屋さんと知り合った

マニアックな何でも屋さんと知り合って、ナノテクやナノマシン、
医学進歩について語り合ったことがあります。
ナノマシンは、アメリカの物理学者が考え出したものです。
東京大学を中心とした研究チームは、日帰りがん治療を実現するために、
ナノマシン技術を開発しています。
ナノマシンは従来の遺伝子導入技術と比べると、安全性に優れているため、
これまで治療が困難だった病気に対しても遺伝子治療が可能になると、
大きな期待を寄せられています。
ナノテクノロジーは、非常に優れた技術です。
2001年には、アメリカの大統領が、ナノテクノロジーを国家的戦略研究目標にしています。
日本でも、ナノテクノロジーの研究に多くの予算が配分されています。

今後の豊胸など美容整形の事

昔からバストだけには自信があり、美乳と友達からも羨ましがられていたんですが、
3人の子供を出産して育児しているうちに、自慢のバストも垂れて、
左右の大きさのバランスが悪くなり逆にコンプレックスになってました。
でも、食塩水や医療用のシリコンを入れる豊胸手術にはかなり抵抗があるので諦めてました。
女性週刊誌の美容整形外科の豊胸術の広告に低予算で、
あまり痛くないナノテクノロジーを使ったバストアップ方法に興味を持ち通院する事を決めました。
ナノテクノロジーの豊胸術を受けて驚いたのは、施術が短時間ですみ、
通常の豊胸施術と違って不自然のバストアップをしないので、
周辺の知人に手術を悟られないで済む事です。
この施術を3回受けて、出産前の美乳に戻り、以前の自信を取り戻せました。

東大生の家庭教師なんて羨ましい!

自分はナノマシンなどナノテクのことについて将来研究をしたいと思っているので、
大学受験に向けて必死になって勉強をしています。
家庭教師もつけてもらっているのですが、
相性が合わないのかいまいちわかりづらくてもやもやしている部分があります。
そのようなことを友人に話してみると、
何と友人は東大の家庭教師に勉強を教えてもらっているという話で、
さすがに超一流大学だけあって教え方も上手くとてもわかりやすいという話でした。
最初は地頭が違いすぎて逆に勉強がわからないのではと思っていたようですが、
実際にはそのようなことはなくわからないところでも、
一から丁寧に教えてもらうことが出来るということでどんどん学力が身についている
という話を聞き羨ましいなと思っています。

Hさんはカラコンを通販サイトで購入しているらしい

友人のHさんは買い物をする際に、よくインターネットを利用しています。
利用している理由としては買い物に出かける手間が省けるということでした。
そしてそういった中でもカラコンを通販サイトを利用して購入しているらしく、
様々な種類のカラコンを所持しています。
また最近のカラコンはとても進化しており、
ナノテクの技術が利用されたものもたくさんあり、
値段はするが、その分瞳への影響が少なくなるそうです。
自分もカラコンを購入したいと考えていたので、
便利に購入できるのであればインターネットを利用して
買い物しようと感じましたし、目に優しいというのであれば、
ナノテク技術の用いられたものを選んでいくのもいいかと感じました。

ナノテクの進歩で頸椎症治療

頸椎症に苦しんでいる人は少なくありません。
正しく治療をしないで放置しておくと、症状はますます悪化していく一方です。
気が付いたら取り返しのつかない状態にまで追い込まれた、という事例もあるほどです。
頸椎症が進行すると、肩や首などのしびれだけにとどまらず、
足がしびれて感覚が薄れていき、歩くことさえ困難になったり、
排泄行為が難しくなることもあるのです。
頸椎症治療は早期のうちに着手しておくべきです。
実は、頸椎症には明確な原因があって、
その原因を取り除くべく働きかければ、しっかりと回復していくのです。
昨今はナノテクノロジーの進歩により、
従来には考えられなかったような頸椎症治療が開発されています。
消炎鎮痛剤やステロイド注射、湿布、レーザー治療などといった
旧来の手法で効果がなかった人も、ナノテクによる治癒の可能性はあるのです。

資格のために、ダイビングスクールを神奈川で探す。

友人家族で楽しめる事を探してダイビングにたどり着きました。
というわけでダイビングスクールを探しております。
オススメのスクールがないかと聞かれましたが、
私は全く知らないので、ダイバー資格がある知人を紹介しました。
なんでもダイビングスクールを神奈川県で運営しているとかで。
しかし家族全員でスクールに通うとなると、色々物入りで大変そうですが、
趣味を生きがいにする友人家族なので、
全員揃ってダイビングに行く光景が今から容易に想像できます。

水道屋の求人について説明

人にはそれぞれ得意不得意がありますが、私は技術系の仕事はからっきしです。
ナノマシンについてはある程度の仕組みは理解できますが、
いざ操作するということになるとおそらく脱落します(笑)。
機械音痴や手先の不器用さはそうそう治りませんから。
私は理論派で頑張ろうと考えています。
さて、手先の器用な友人の話ですが、水道工事の仕事をしており、
趣味はジオラマ作りという人物。
果たして手先の器用でない人は水道屋の求人に応募できるのかが気になったので
ちょっと聞いてみました。

お坊さんの派遣も病院から

医学が進歩したといっても、早期発見・早期治療ができないと
命が救えないことも多々あります。
ナノマシンの進歩で寿命を延ばすことは可能になってきているとはいえ、
病院では毎日人が亡くなる状況は変わりませんね。
遺体をご安置しているところには葬儀屋さんが駆けつけます。
そしてお坊さんの派遣や葬儀の手配を提案してくれます。
一連の流れがスムーズに行けば、悲しんでいる暇はありませんから。
良いサービスだとは思いませんか?

化粧品製造販売業許可で変わる消費者側。

ナノテクノロジーというと、機会やコンピューターを思い浮かべがちですが、
化粧品のナノテクノロジーは日々進歩しておりすごいことになっているそうです。
ここ5年比べるだけでも全く効果の具合が違ってくるそうですから、
それだけ進歩のスピードが目覚ましいのでしょう。
確かにテレビや街で年齢と見た目のギャップが大きい女性が増えてきた気がしますが、
化粧品の進化のおかげといってもいいのかもしれません。
また販売側だけでなく、化粧品製造販売業許可を消費者側もここ数年上がり続けているそうで、
使用者側の意識の高まりも影響しているといえます。
女性がずっと若いようなのに男性だけ普通歳をとってしまったら、
愛想をつかされるでしょうか?心配になってきました。

交通事故で後遺障害。歩行困難。

大学時代の友人達と何年ぶりに集まり、飲み会をすることに。
その中に杖を突いて友人が現れました。
交通事故で後遺障害が残ってしまったのだとか。
スポーツマンだった友人が走ることが出来なくなり、
大好きだったテニスを諦めてしまったと言っておりました。
ですが前向きな友人は毎日の散歩と、新たに切り絵の趣味を持ち、
毎日楽しい生活を送っていると笑っておりました。
自分が事故に遭い後遺障害が残ったら、
友人のようにふるまえるだろうか、と考えてしまいましたよ。
ある日突然、加害者や被害者になるのですから、
自動車、自転車、歩行には気を付けないといけません。

会議のまとめもやはり紙とホワイトボードがメイン。

何かを説明するとき、ホワイトボードは便利で書きなぐって書きなぐって、
いっぱいになったらひっくりかえしてできて、ほんとすごく便利です。
チームで説明するときもやっぱり便利でディスカッションには必要不可欠です。
一時期、紙の書類からipadなどに互換される時代の流れを感じましたが、
未だまだ、普及してない感じがあり、会議のまとめもやはり紙とホワイトボードがメインです。
ナノマシンがいくら小さくなっていっても、こういうものは変わらないのかもしれません。
手帳が未だまだ紙の方が便利だと感じるように。

自動販売機設置コーナーで大盛り上がりしちゃいました

先日に引き続き入院中のおじいちゃんのお見舞いへ。
先日の訪問からすっかり病院が好きになってしまって、
今日は自動販売機設置コーナーでばったり出くわした看護婦さん(休憩中)と
雑談までしてきてしまいました。
話題はナノテクを利用した医学の可能性から、
昨日のコンパの成果まで(笑)すっかり仲良くなってしまって、
今度一緒に飲みに行く約束をして別れました。
おじいちゃんのお見舞いがおまけみたいになってしまったので、ちょっと反省。

退屈しのぎに電話占いで人気の占い師に電話しているそうです

先日父が手術を受けたのですが、
その際、先生から腹腔鏡下手術の概要説明を受けてからというもの、
すっかり医学に興味が出てきてしまった私。
色々なテレビドラマや雑誌、マンガを読みあさっています。
調べ始めて俄然興味が出てきたのが、ナノテクによる最新医療の研究について。
ナノの世界って面白いです。
父はと言えば、術後の経過は良好なのですが、安静にしているのが退屈みたいで、
電話占いで人気の占い師に片っぱしから電話してるみたいです。

給湯器に高齢者の安全の為の監視機能。

給湯器に高齢者の安全の為の監視機能や
スマホ端末から自宅を遠隔監視できるカメラなど、便利な機器が毎年登場しています。
それらも、やはり機会の小型化があるからの結果です。
以前の監視カメラとなると黒く大きくごついのに映像は不鮮明だったりしたのに、
今では小さいのに、可愛らしくもでき、映像も綺麗ときてまた、導入も簡単です。
家の管理も簡単にできる時代は、50年前には考えもつかないでしたよね。
これから50年後にはナノマシンで自分自身を管理できたりする時代が来るのでしょうか。
その時、SFとはどんなことがSFとなっているのか。
長生きはしたいものです。

上大岡の賃貸情報を眺めながら…。

テレビでは「近い将来こんなテクノロジーがあたり前になる」という、
SFのような特番が組まれますが、なんだか最近は私の生きているうちは
無理なんじゃないかなんて思っています。
そもそも、私はエネルギー問題が解決しない上、
いろいろなもののミクロ化は難しいと疑っています。
確かに10、20年前に比べたら、電池もその使用する機器も小さくなりましたが、
極端には小さくなっていません。
電池は電池で必要ですし、すぐなくなるのは未だご愛嬌ですし。
医療は科学の進歩と比例して様々な病気が治せるようになりましたが、
どこか根本的なものを置き去りにしている気がします。
これは、医療のせいではないのですが。
上大岡の賃貸情報を眺めながらこんな、しょうもないことを考えるのですから私も暇ですね。

ウェルカムボードってなんですか?

がんの日帰り治療を可能とするナノマシンが
東大などで開発されたニュースが発表されたのは今年の春でした。
ついにここまで来たか、と感慨深い気持ちになりました。
それからナノテクノロジー雑誌を買いあさったり、
専門書を読み込むために語学の勉強を始めたり、
趣味の世界も広がりましたが、追いつけないほどの発展を希望しています。
さて、今回悩んでいることをひとつ、
友人に頼まれウェルカムボードを作成してくれる会社を探すのですが、
そもそもウェルカムボードって何なのかがわかりません・・・。